Home

Cheerfull days

chinachuのログをFluentdを使って監視する

  • 2016-04-16 (土)
  • PC

Chinachuのログを、Fluentdを使って監視する設定が書けたので、ご報告します。

Chinachuのログは、放っておくと重要なログが埋もれてしまいます。重要なログのみを別ファイルに出力するように、Fluentdを設定します。

<source>
  @type tail
  tag chinachu.operator
  path /path/to/chinachu/log/operator
  pos_file /var/log/td-agent/chinachu.operator.pos
  format /^(?<time>[^-]*) - (\[\d+\] )?(?<kind>[A-Z]+)?(?<reccmd>#[^:]+)?: (?<contents>.*)$/
</source>

<source>
  @type tail
  tag chinachu.scheduler
  path /path/to/chinachu/log/scheduler
  pos_file /var/log/td-agent/chinachu.scheduler.pos
  format /^(?<time>[^-]*) - (\[\d+\] )?(?<kind>[A-Z]+)?(?<reccmd>#[^:]+)?: (?<contents>.*)$/
</source>

<filter chinachu.*>
  @type grep
  regexp1 kind FATAL|ERROR|WARNING
</filter>

<match chinachu.*>
  @type file
  path /var/log/chinachu
  append true
</match>

4行目、12行目は、chinachuのログファイルへのパスに適宜書き換えて下さい。

1-7行目、9-15行目で、operatorとschedulerのログを入力します。
その際、ログをパースして、時間・種類・ログ内容に切り分けています。

17-20行目では、取得したログのうち、どのログをoutput pluginに渡すかを決めています。
この例では、kindがFATAL,ERROR,WARNINGのログを渡すようにしています。

22行目以降で、ログを実際にファイルに出力します。
ここはお好きにどうぞ。

これで、指定された種類のログだけが別ファイルに出力されるようになります。

perlでwhile-eachは使わない方がいい

  • 2016-04-12 (火)
  • PC

録画ファイルを自動的に移動したりscpしたりするプログラムを書いてて、ハマったのでその話。

全文を読む

平昌五輪・アイスホッケー男子・二次予選に行ってきました(その5・終)

オリンピック予選の話の最終回です。

全文を読む

平昌五輪・アイスホッケー男子・二次予選に行ってきました(その4)

オリンピック予選の続きです。

全文を読む

平昌五輪・アイスホッケー男子・二次予選に行ってきました(その3)

オリンピック予選の話の続きです。

全文を読む

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top